君が代は 千代に八千代に さざれ石の 
いわおとなりて こけのむすまで

 愛国心を育てる名言

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本を守るために日本人が考えておくべきこと

内容紹介
人間の喜びの一つは、人から刺激されることと、自分の意見を誰かに発信することだと最近つくづく思う。とくに政治家である以上、それは大きな喜びであると同時に責任でもあり、さらに行動し実現をめざさなければならない。
いまの日本には「イライラ」「モヤモヤ」「オロオロ」の空気が漂い、何とかしなければと感じながら、アツモノに懲りて動けず、その空気を吹き払うことができない。そう感じている私を「悲観論者」と思う人がいるかもしれないが、悲観論者に政治は務まらない。イライラをエネルギーに、モヤモヤを明るさに、オロオロを前進に変換することが、現下のわれわれの最大の責務であるべきだ。
本書は、最近一年間の論文、コラム、対談、講演の一部をまとめたものだ。タイトルがいかにも、えらそうで、仰々しいが、私自身、対談相手、聴衆、その後の反応等も含めて、「みんなで、ちょっと考えてみよう」という気持ちを込めた。(「まえがき」より)
愛国心を育てる名著 著者別 INDEX に戻る>>
スポンサーサイト

CATEGORIES
愛国心を育てる最新刊
愛国心を育てる最新刊
SPONSORED LINKS