君が代は 千代に八千代に さざれ石の 
いわおとなりて こけのむすまで

 愛国心を育てる名言

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

愛国心を育てる名言 101-200 INDEX

◆ 【愛国心を育てる名言 101-200】
├ 日本国民はアジアの東、太平洋と日本海… 新憲法起草委員会前文素案>>
├ 『今に見ていろ』ト云フ気持抑ヘ切レス… 白洲次郎>>
├ 思えば思うほど情けない限りである。最… ホルワット少将(ロシア)>>
├ 日本は、フイリピンおよびその他のいか… ハミルトン・フイッシュ(米上院議員)>>
├ ビルマを長い植民地支配から解放した者… ロンドンタイムス図書週報(1968年5月23日)>>
├ 物騒な例え話だが、朝鮮民主主義人民共… 石原慎太郎>>
├ 極東のこの戦争(日清・日露戦争)を取… ロンドンタイムズ紙(1904年10月4日)>>
├ こうした公式記録を見る限り、なぜ日本… ヘレン・ミアーズ>>
├ かくの如き望みのない目的を追求する軍… スリム中将(イギリス第十四軍司令官)>>
├ 天皇とはこのようなものでありましたか… マッカーサー>>
├ 愛国心は人類愛と同一である。私は人間… マハトマ・ガンジー>>
├ ばかばかしい。針小棒大である。一人の… ジャマル・アリ(インドネシア・タイムス会長)>>
├ われわれは戦争に負けたのであって、奴… 白洲次郎>>
├ 1910年、日本が韓国を併合したのは… ヘレン・ミアーズ>>
├ たたかれ、弱められ、疲れても自身を脱… スリム中将(イギリス第十四軍司令官)>>
├ 日教組の問題については言いたいことが… 中山成彬>>
├ 真実のビルマの独立宣言は1948年の… バー・モウ(ビルマ元首相)>>
├ 太平洋において我々は彼らを迂回しまし… ダグラス・マッカーサー元帥>>
├ 日本は、強くあらねばなりません… 麻生太郎(平成20年9月29日「首相所信表明演説」より)>>
├ インドの独立は、ガンジーやネールが率… エリック・ホプスバウ(ロンドン大学教授)>>
├ 伊藤博文侯は世界周知の如く日本の最も… フレデリック・アーサー・マッケンジー>>
├ アジアの諸国民はなぜ、日本が自由にな… ジャヤワルダナ(スリランカ元大統領)>>
├ 日本の指導部が国家の存亡にかかわる利… ニッツ(戦略爆撃調査団長)>>
├ 自国の文化をないがしろにして国際人だ… 麻生太郎>>
├ 国の独立安全とは、力による侵略から日本… 麻生太郎>>
├ 祭られている英霊の方は天皇陛下のため… 麻生太郎>>
├ 憲法はもっと美しい日本語で書かないと… 麻生太郎>>
├ ミッキーとドナルドには悪いですが… 麻生太郎>>
├ JポップとJファッションの普及力は、… 麻生太郎>>
├ 歴史認識というのは、なかなか一致しな… 麻生太郎>>
├ 私は、日本が一国をして一文明圏を成立… 麻生太郎>>
├ (靖国神社参拝に)何も日本が負けた日… 麻生太郎>>
├ (靖国神社参拝に)8月15日に行くこ… 麻生太郎>>
├ あんた朝日新聞? 朝日は事実しか書か… 麻生太郎>>
├ ハングルは日本人が教えた… 麻生太郎>>
├ 如何にしたら日本が先に、米国に攻撃を… フランクリン・ルーズベルト>>
├ 伊藤を失ったことで、東洋の人傑がいな… 高宗 (朝鮮王)>>
├ 第二次大戦において日本人は日本の為と… アーノルド・J・トインビー(歴史学者)>>
├ 日本の底力を信じてみようじゃありませんか… 麻生太郎>>
├ 米国が戦争に追込まれたというのは… オリヴァー・リトルトン(英保守党内閣・生産相)>>
├ 日米開戦前にアメリカは日本の暗号解読… ジョン・トーランド(歴史家)>>
├ 日本を貶めようとする内外の歴史家や… パンデイット夫人(インド・元国連総会議長)>>
├ 現在の日本の自信喪失は敗戦に起因して… 朴鉄柱(韓国・韓日文化研究所)>>
├ 純粋に軍事史的見地から調べた結論から… ウーレ・ウエットラー(ドイツ軍退役将軍)>>
├ まさしくハルノートは、日本を鉄棒で殴… セオボルト(米海軍小将)>>
├ 伊藤を失ったことは、わが国といわず、… 高宗 (朝鮮王)>>
├ 日本占領軍がインドネシア民族主義の為… ジョージ・S・カナへレ(政治学博士)>>
├ 日本のナショナリストや軍国主義者は、… ドイツの歴史教科書>>
├ 朝鮮は日本の保護によって新生命、新光… ラッド博士(宣教師)>>
├ 日本は敗北したとはいえ、アジアにおけ… クリストファー・ソーン教授(英・サッセックス大学)>>
├ 日本が戦争を始めた理由は、フィリピン… デイリー・メイル紙(英国)>>
├ 私の見るところをもってすれば、伊藤博文… ハリス博士(宣教師)>>
├ かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘… ルイス・マウントバッテン大将>>
├ まともで教育のある人々がなぜパールハ… ジョージ・フリードマン教授(米・ディッキンソン大学)>>
├ トルーマンの原爆投下命令は果たして正… アメリカ合衆国 歴史教科書(1998年版)>>
├ 多くの若者たちが国のために命を捧げた… 李登輝(台湾前総統)>>
├ 日本が日露戦争に勝った事によって… レイ(インド元下院議長)>>
├ 大東亜戦争開始以来、歴史に較べるもの… チャンドラ・ボース(インド独立運動指導者)>>
├ もし我々が日本人を挑発しなかったら… ハーバート・フーバー(元米国大統領)>>
├ 連合国は日本に対してこそ賠償を… マハンドラ・プラタップ(インド独立運動家)>>
├ 第二次世界大戦を日本国民は団結してよ… 鄭時東(韓国・韓日人協会理事長)>>
├ 今から35年前に私は神風特攻隊の本を… ディゾン画伯(フィリピン)>>
├ 歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さ… ウー・ヌー(ビルマ元外相)>>
├ このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、… デサイ(インド弁護士会会長)>>
├ アジア人の前衛たる日本人は、自らの社… ビルマ独立義勇軍>>
├ インドが日本のお陰を蒙っていることは… ヤダフ(インド国民軍大尉)>>
├ ソウルから日本を眺めていると、日本が… 朴鉄柱(韓国・韓日文化研究所)>>
├ 歴史的に見るならば日本ほどアジアを… バー・モウ(ビルマ元首相)>>
├ ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の… 孫文(中国革命指導者)>>
├ 約50年前ビルマは三回にわたる対英戦… バー・モウ(ビルマ元首相)>>
├ 大東亜戦争で日本は敗れたというが… 朴鉄柱(韓国・韓日文化研究所)>>
├ 太陽が空を輝かし、月光が天地を潤… レイキ(インド法学博士)>>
├ 生活の芸術化、個人に必要な謙虚さと… アインシュタイン>>
├ 日露戦争に対して中国国民のこぞって願… 汪兆銘(中華民国南京政府主席)>>
├ 大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行… ジョイス・レブラ(コロラド大学歴史学部教授)>>
├ かつて日本の統治を受けた台湾や韓国を… ディゾン画伯(フィリピン)>>
├ 日本軍の占領は残酷なものであった。… チョクトン(シンガポール元首相)>>
├ 日本の敗戦 それは勿論、東南アジア全… ジョイス・レブラ(コロラド大学歴史学部教授)>>
├ アメリカが日本人の権利を認めてさえい… デュボイス(米国黒人運動の指導者)>>
├ 大日本帝国は軍政を最終的に撤廃し、… パルガス(元フィリピン大使)>>
├ この島(ぺリリュ―島)を訪れるもろも… ニミッツ元帥(米国太平洋艦隊司令長官)>>
├ 日露戦争の勝利がアジア民族解放運動の… ラティモア(米国国際政治評論家)>>
├ フィリピン人は日本で伝えられているよ… ディゾン画伯(フィリピン)>>
├ ビルマ、インドネシア、フィリピンなど… ラーマン(元インド国民軍大佐)>>
├ インドでは当時、イギリスの不沈戦艦を… クリシュナン(元インド大統領)>>
├ 日本に占領された国々にとって、第二次… アリフィン・ベイ(インドネシア・政治学博士)>>
├ 日本の戦争目的は植民地主義の打倒であ… アラムシャ(インドネシア陸軍中将)>>
├ 第2次大戦中、あるいはその直後、植民… サイデマン(インドネシア外務省上級大使)>>
├ 日本軍政は東南アジアの中で最も政治的… アビディーン(マレーシアの歴史学者)>>
├ とくに私が惜しいと思うのは、日本くら… シャフィー(元マレーシア外務大臣)>>
├ 私たちは、マレー半島を進撃してゆく日… ノンチック(元マレーシア上院議員)>>
├ 1991年、私達は日本のコタバル上陸… イソハック(マレーシア・ケランタン州副知事)>>
├ 新国家マラヤ連邦の建国の基本策と具体… ノンチック(元マレーシア上院議員)>>
├ 日本人のことごとくは、ある一つの言語… ヴァリニャーノ>>
├ これまで独立なんて考えたこともなかっ… モハマド(マレーシア外務省情報センター所長)>>
├ 東京裁判をもう一度傍聴したら、必ず病… マクホン・ボール(メルボルン大学教授)>>
├ 私たちは、マレー半島を進撃してゆく日… アジス(マレーシア・マラヤ大学副学長)>>
├ 日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底… トモ(インドネシア元情報相)>>
└ 東京裁判は誤りだった。… ダグラス・マッカーサー>>
CATEGORIES
愛国心を育てる最新刊
愛国心を育てる最新刊
SPONSORED LINKS